• sasato3

営業に人気の車種とは?

こんにちは、営業部 法人担当の安里です。沖縄県は台風接近により天候が非常に悪い

状況ですが、幸いまだ被害は出ておらずひとまず安心です。とはいえ油断せず台風対策怠らないようにしていきます。


さて、今回の記事は、

営業車に人気の車種をお伝えしていきたいと思います。


皆様は営業車を選ぶ基準として何に重きを置いていますか?


基本的に営業車を選ぶ場合、燃費荷室の広さなどが優先されてしまうケースが大半だと思います。ですがそれだけを重視されるのではなく移動距離の多さを考慮し運転のしやすさ乗り心地室内の使い勝手なども営業車を選ぶ上で重要となります。


その他にも選ぶ車によっては企業のイメージにも繋がる為、取引先や顧客にどういう印象を与えるのか?という事も念頭におくことが必要です。


ここからは軽自動車・乗用車・バンタイプ別でおすすめの営業車をご紹介していきます。




おすすめ営業車人気車種・軽自動車編


おすすめ① ダイハツ:ミライース






低コスト、低燃費、安い車に見えないデザインを兼ね備えた「ダイハツ:ミライース」

グレードにもよりますが、車両本体価格が100万円以下の低価格で買えるという一台。

さらには、先進の安全装備スマートアシスト機能も搭載されている為、営業車として

非常に人気の高い車となります。ゆとりをもって座れる室内空間なので軽自動車特有の

圧迫感もなく、営業車としておすすめです。




おすすめ② スズキ:ワゴンR




軽自動車の「狭い、窮屈」というイメージを覆したハイトワゴン先駆けの「スズキ:ワゴンR」 

現在のワゴンRは、マイルドハイブリットシステム搭載で軽ワゴン№1の低燃費を誇ります。安全性能はもちろんのこと、室内空間の広さも魅力的です。

大人4人でもゆったりとくつろげる空間の為、営業車両にお客様を乗せる場面でも窮屈による不快感はありません。収納スペースもシートアレンジにより広げる事ができ、荷物も

乗せる事が可能。荷物も載せる、長距離も走る。という使用用途であれば、最適な軽自動車かもしれません。




おすすめ③ スズキ:エブリィバン





軽自動車貨物タイプの営業車としての定番といえばエブリィバンです。


現在のタイプは室長・幅・高さ・床面長を延長させて荷室を拡大して同タイプの車では一番の荷室サイズです。大きな開口部と低い床面設定の為、バックドアからの積み下ろしもしやすいのが利点です。また出来る限り多くの荷物を運びたいという業種の方には非常におすすめな車両といえます。

今まで軽貨物車両には設定のされていなかった安全装置「レーダーブレーキサポート」もオプション設定で選べる為、安全面性も優れてきている事もおすすめのポイントです。





おすすめ営業車人気車種・乗用車編



おすすめ① ホンダ:フィット





営業車としてよく使われている、コンパクトカーといえば「ホンダ:フィット」です。

荷物の搭載の面や燃費維持費環境性能などトータル面で優れています。

ハイブリットタイプを選ぶ事も可能で、走行距離の多い場合にはガソリン車との価格差を十分補うことができるかもしれません。



おすすめ② トヨタ:アクア





他を圧倒するほどの低燃費といえば、「トヨタ:アクア」です。

乗り心地の面に関しても、現在のモデルはサスペンションのセッティングが改良されていて路面の悪い場面でのショック吸収も優れています。長距離の運転にはうってつけの一台と思われます。

但し、後部座席は若干の狭さを感じるところがあるので、後部座席にも人が乗るという場面が多い。という場合は、しっかりと現車の広さをチェックしておくことをおすすめ致します。




おすすめ③ 日産:ノート




コンパクトカーの常識を超えた先進技術「e-POWER」が搭載されている「日産:ノート」

日産ハイブリットシステムの「e-POWER」は他のハイブリットカーと違い電気自動車の運転感覚に近い事が特徴です。アクセルの踏み込みにも素早く反応しストレスなく運転することができます。コンパクトカーの中でも快適な走行といえばこの日産ノートがおすすめといいえるでしょう。




おすすめ営業車人気車種・バンタイプ編



おすすめ① トヨタ:ハイエースバン




商用車バンで圧倒的な人気を誇る「トヨタ:ハイエース」

荷物をたくさん載せての長距離移動も十分に対応する事ができ、機材などを持ち運びする

業種の方にはうってつけの車種といっても良いでしょう。

ディーゼルエンジン搭載のタイプもあり、力強さも好評です。

但し、エンジンが運転席シート下に搭載されている為、エンジンノイズはダイレクトに伝わってきます。その点では、快適性に欠けてくるものの使い勝手の良さは圧倒的だといえる

一台です。



おすすめ② 日産:NV200バネット




ライトバンの中で人気のある、「日産:NV200バネット」

荷物を多く詰めても安定感のある走行が特徴です。排気量が1600ccと小さいこともあって燃費も良いです。荷室スペースは、タイヤハウスがスリムという事もあり、ライバル車の

トヨタタウンエースに比べて荷物の出し入れがしやすいのも特徴です。

ハイエースでは、大きすぎるという場合は、このNV200バネットがおすすめ車種といえるでしょう。




おすすめ③ トヨタ:プロボックス




営業車として長期にわたり人気のある「トヨタ:プロボックス」

車両価格が比較的安い事と積載能力も高いという事が特徴です。

室内には、仕事や食事が出来るインパネテーブルやA4サイズ書類が横置き出来るワイドフリーラックもあり車で過ごす時間の長い営業マンにっとては喜ばれる1台でしょう。

さらには、ハイブリットタイプの設定もあり燃費面も優れている為、おすすめです。



【まとめ】


如何でしたでしょうか?

今回は、営業車で人気のおすすめ車種をご紹介させて頂きました。


営業車を選ぶ時は価格や維持費、荷物の搭載面等が重要になってきます。

ですが、毎日運転される方への負担軽減や、訪問先への印象も重視して営業車を選ぶ事も

大切になります。今回の記事を少しでもご参考にしていただければ幸いです。




貴社に合わせた社用車活用法をご提案致します。 どうぞお気軽にお問合せ下さい。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示